• 師匠

気分を変えましょw

最終更新: 2018年11月12日

毎日同じことの繰り返し。そんな生活には波風が立たない安定感がある反面、何からも攻撃されることはないんだょね。そんな中で、人は自身の、世間での立ち位置に要らぬ不安を覚える。在り過ぎると要らない、無さ過ぎると必要だという欲求がフツフツと湧き上がる。これもまた人の故^^; 全然当たり前の事なんだょね。


我慢し過ぎると身体によろしくない。我慢の開放ってのを、みんながみんなそんな簡単にできることじゃないけど物は考え様。不変な日常、言い換えればそれは責任がある日常かも知れない。けど後悔は絶対しないって、言えるかな? だから、気分を変えてみましょうw


自分を客観的に見る機会があると、今の自分が置かれている生活環境ってのが、もっと大事なものになるかも知れないし、その逆かも知れない。それが判ってしまうのは怖いことじゃないょ。


結局のところ、何があっても受け入れるしかないんだからw

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ある日の俺(→芸人)

俺は、目立ちたかったのではない かと言って、羞恥を闇に葬ろうとしたわけでもない ただ…ただ、手、手が熱かったのだ… 奴は容赦しなかった 昼間の太陽が俺の左手を猛烈にアタックする 正座でシビレが切れた時のように 神の左手の感覚がマヒっている そう、これはノンフィクションドキュメンタリーである… 9月6日、日曜日。この日は岡山は水島の、水島国際ボウリング会館(以下、水国)にて、第15回岡山プロアマフ